瓜生望 さあ。もう一歩前へ!

実現への第一歩

潟上や秋田には「可能性」がある

未来への挑戦

少子化の解決は、まず!!経済活動を強くすることから

令和3年8月に出された令和3年度県民意識調査(アンケート)の集計によると、「重要課題として県に力を入れてほしいこと」として挙げられた項目の中で、各世代(18~39歳、40~59歳、60歳~)で1位だったものが「若者に魅力的な働く場所の確保」でした。

以前から「子どもが少なくなってきたのは何故だろう?」と考えている中で、自分たちが子どもの頃に「秋田には仕事がないから東京さ行げ」ということをよく言われていたな、と思い出しました。今思えば、それは私たちの将来を考えてくれていた親世代の愛情だったのかもしれません。
しかし、多くの若者が県外へ流出した結果が、本県の現状につながってしまったのも事実であるとしっかり受け止めなければならず、その上での政策が急務となっています。
そこで重要なのは「しっかり働ける場」「チャレンジしやすい場」「何度でもチャレンジできる場」を作ること。
そしてしっかり稼げる状態にするということがまず大事であるとの一つの結論に至っています。

潟上市の発展のために、全力で取り組みました!

児童クラブの保育環境の整備
追分地区に潟上市初の民間児童クラブ開設へとつながりました。
SNSでの情報発信提案
潟上市公式LINEがスタートしました。
伝統芸術文化の伝承の支援
文化庁による補助事業が採択になり用具等の補修など整備が進みました。
通学路の危険個所調査
街灯が切れるなどの不具合区間の修繕がされました。
保育園の待機児童の解消
民間事業所の潟上市内への参入につながりました。
市内体育団体への事業支援
大手製薬会社などとのマッチングを行い、市民向けの運動事業が行われています。
議会広報の大幅リニューアル
もっと見やすく、手に取ってもらえるように誌面を大幅に変更しました。
議会広報特集ページ新設
市民への取材活動を新たに行い、多くの市民の声を聞くことで、たくさんの気づき、出会いをいただくことができました。
健康寿命延伸のための実証実験
市内のいきいきサロンのご協力のもとSixpad(健康器具)を使った3カ月間の実証実験を行いました。
街を盛り上げる団体への協力
TKC、豊川ボンドフェス実行委員として全力で協力しています。
新規認意団体への支援
潟上市塗装協会の新設を市関係機関とつなぎ、ボランティア活動(出戸こども園、天王小学校などへのボランティア塗装)

その他、多数の活動を行ってきました…。

NOZOMU Report

のぞむの県政活動をご報告いたします。

県政レポートvol.1
県政レポートvol.1

動き・聞き・創る

議員活動以外にも地域貢献活動や現場の視察・勉強など、全力で動きまわっています!

プロフィ―ル

昭和53年生まれの43歳。妻と3人の息子(中3・小3・小1)

東湖小・天王中・男鹿工を卒業。会社に勤務しながら東湖小でミニバスのコーチとなり、同時に日本公認審判員のライセンスを取得。天王中女子バスケ部のコーチとして全県大会ベスト8。
その後、家業を継いだことがきっかけで地域おこしグループ「いいじゃんかたがみ」に参加し潟上市ふるさとCMの作成やグリーンランド祭りのステージ企画を担当。
キャリアスタートウィークでは羽城中で3年計画の授業を担当し一緒に仕事について学ぶ。
スカイランタンフェスティバル実行委員会メンバー。
2018(平成30)年2月 市議会議員初当選

  • ワッフルカフェサイン創業者
  • 元潟上市商工会青年部長
  • 潟上市消防団天王第二分団団員

事務所案内

瓜生のぞむ事務所

住所
〒010-0201 潟上市天王字上江川47-1276
TEL
018-878-5961
FAX
018-878-6048
E-mail
s4ign@uryu-nozomu.com
URL
https://uryu-nozomu.com